Home > 子どものためのふるさとを創ろう(家づくり編) > 子どもが賢く育つ家づくり > 家づくりのヒント<陰山メソッド・モデル>
子育ての家づくり10の提案
子育てを考えた実際の家づくり、『陰山メソッド・モデル』は工夫がいっぱい。
かげやまモデル MethodPlan

「家で学ぶ」ということ。それは、家は知識のふるさとでもあるということ。
幼い時に印象に残った知識は、当時の父や母の笑顔や、普段の情景とともに心に深く刻まれます。
『陰山メソッド・モデルプラン』では、毎日の生活の中で子どもに大きな影響をあたえる「どこでも学習できる場所づくり」「生活習慣を支えるしかけ」「家族のコミュニケーションの演出」の3つの要素を上手に盛り込みました。

(どこでもマーク)どこでも学習できる場所づくり(生活習慣マーク)生活習慣を支えるしかけ(コミュニケーショマーク)家族コミュニケーションの演出
『陰山メソッド・モデルプラン』では実際の生活シーンを想定して、こんな工夫をしています。
1F 家族の会話が自然にはずむ 図面の中の●をクリックしていただくと、プランのポイントをご覧いただけます。
2F 子ども部屋は自分で工夫して使う 図面の中の●をクリックしていただくと、プランのポイントをご覧いただけます。
ページトップへ戻る