Home > 子どものためのふるさとを創ろう(家づくり編)
子どものためのふるさとを創ろう
家は、子どものふるさと。
家はその人の人生を支えていく場所であり、あるいは子どもたちの夢を実現していく器でもあります。とくに子育て世帯にとって、その役割はとても重要です。子どもにとっての家とは“原風景”であり、思い出を刻み込んでいくキャンパス。そこで成長していくわけですから、家の環境が子どもの成長形成に少なからぬ影響を及ぼします。だからこそ、子育て世帯の家づくりは慎重に行いたいところです。
建てる時にはありきたりな物ではなく、どのような暮らし方をするかということをしっかり考える必要があります。
子どもが賢く育つ家づくり かげやまモデル MethodPlan 陰山英男メソッド・モデル長い人生設計の中で家のコストを考える ライフサイクルコストと光熱費
ページトップへ戻る