Home > 子どものためのふるさとを探そう(土地探し編) > 理想の街を探そう

理想の街を探そう
理想の暮らしをしっかり考えて創られた街。

暮らしの便利さだけでなく子育てによい自然環境も、ということなら、ニュータウンやある程度の規模がある街を検討してみてはいかがですか。ニュータウンや一体的に開発された街は、計画的に街づくりが行われているケースが多いため、比較的バランスがとれた環境であったり、生活環境としても納得できる水準にあると言えます。

環境がいい街

公的機関や民間が開発したニュータウンでは、単に住宅を建設して供給するのではなく、地域全体の将来性や周辺地域との調和を重視したビジョンある街づくりが行われます。一番の魅力は、自然と調和した美しい景観と環境が維持されていることでしょう。また、ゆとりある区画割りがなされていたり、街路には歩道が整備され、季節を彩る木々や街灯がバランスよく配置されていたり、比較的「環境がいい」と言えそうです。

質の高い街づくり

公的機関や民間の街づくりは、過去の開発ノウハウを活かし更に進化させながら街づくりを進めるのが一般的です。そのため、一定の基準で街区公園が設けられ、更に大きな近隣公園や商業施設などを備えた近隣センター、公民館、学校といった都市施設が配置されたりします。また、道路についても街区内道路や歩行者専用道路などの規格の異なる道路を整備し、安全面や機能面に配慮されているケースも多いです。

地域コミュニティを育みやすい

一定の区画が少しずつ売却され街ができていく開発地では、居住される方々の志向や意識に比較的近いものがあります。豊かな自然環境と便利な社会環境の中で暮らしたい、子育てしたいといった方々が多いので、気持ちにゆとりをもったライフスタイルに落ち着くようです。整った美しい街並みの中で価値観の近い人々で育む良好なコミュニティも、魅力の一つです。

POINT あなたにとって理想の街の条件が、潤いある自然環境や美しく整備された安全な街なら、ニュータウンやある程度の規模をもった街を検討してみましょう。

いい土地にいい家を建てる。簡単なようで、とても難しい問題です。良い家づくりのポイント、ライフスタイルの変化にあわせた家づくり、そして家づくりにかかるお金の3つの角度から、家を建てる前に知っておきたいこと、失敗しない納得の家づくりに大切な情報をご紹介します。

詳しく見る

ニュータウンとは
日本最大規模の多摩ニュータウン(東京都)や日本初の千里ニュータウン(大阪府)などが有名。1950年代から1980年代に数多くのニュータウンが開発されました。国の機関や地方自治体がマスタープランを起案し、自ら開発したものと、民間が開発したものがあります。ニュータウンは、長期にわたって大規模な造成を行い、インフラストラクチャー等の都市基盤を整備し、マスタープランに基づいて住宅を中心とした複合多機能都市として建設されるケースが多いようです。


ページトップへ戻る