Home > 子どものためのふるさとを探そう(土地探し編) > 優しい子育て環境とは

優しい子育て環境とは
家族の生活と子育てをうまく調和させましょう。
お母さんやお父さんの生活も考えておきましょう。
例えば、小さい子どもがいる女性の場合、働きたいと思っても、子どもをどうするか悩むところです。女性に限らず保護者の方の仕事の状況やその変化は、子育てに影響をおよぼします。また、時間の経過とともにライフスタイルが変化することも考えられます。どんな時にも、仕事や日々の生活、そして大切な子育てを両立させるには、頼りになる保育施設やサービスなど、子育てをサポートしてもらえるような環境が近くにあれば安心ですね。
保育園を調べよう
近年、保育園を利用する児童数は増加し続けています。定員数そのものも増えているのですが、大都市圏を中心に、保育園に入れない待機児童が発生しています。その数は全国で19,550人、中でも0~2歳児が76%を占めています。必要性のある方は、必ず保育園の空き状況を調べておきましょう。
学童保育を調べよう
保護者が昼間家庭にいない小学校の低学年児童の放課後の健全な育成を図るため、学校の空き教室や児童館等を利用して行う学童保育(放課後児童クラブなど名称は様々)があります。地域によって設置率も違いますし、運営主体や規模も様々。高学年になっても受け入れてくれるかどうか、終了時間や、待機児童がでているか等の確認が必要です。
全国私立保育園連盟 子育て広場や全国保育園情報等の情報が提供されています。全国学童保育連絡協議会 学童保育の実態や地域連絡協議会の連絡先等の情報が提供されています。
病児保育を調べよう
子どもが病気になってしまったけれど、どうしても仕事を休めない、誰かみてもらう人もいない。そんな時のための病児・病後児保育施設が近年増えてきています。
託児サービスを調べよう
いわゆるベビーシッターさんになります。会員制の所も多いのですが、ビジター利用ができる託児サービスも増えてきています。
全国病児保育協議会 全国にある加盟施設の一覧等の情報が提供されています。公益社団法人 全国保育サービス協会 子育て情報や全国の協会加盟会社等の情報が提供されています。
保育施設の選び方はこちら よい保育施設の選び方 十ヵ条 (平成12年・厚生省児童家庭局(現厚生労働省雇用均等・児童家庭局)保育課通知)
ページトップへ戻る